必要なのはどんなとき?墓じまいの現状

墓じまいとはなんなのか

お墓というものは、先祖やすでに亡くなってしまった親族に思いをはせるための大切な場所です。いずれ自分も骨となって入る場所ですが、現代においては自然な流れでお墓に入るだけということは難しくなっています。というのも、墓地にはさまざまな形式がありますが、永代供養墓や共同墓地などでなく自分の個人のお墓や先祖代々のお墓などはそのお墓を管理する人がいなければ使用することができないからです。このように管理する人がおらずに使用できないお墓は、何らかの形で処分する必要があり、これを墓じまいといいます。墓じまいとは、お墓を処分することをいうので、お墓の場所を引っ越して、それまでのお墓を処分する際にも墓じまいということになります。

墓じまいはいつ、どうやるのか

お墓を処分する墓じまいですが、思いついたらやるというものでもありません。自分が管理しているお墓だからと言って親戚やお寺に相談もなく行ってしまうとトラブルになるので、事前の相談が必要不可欠です。墓じまいを検討するタイミングはさまざまありますが、多くがお墓を管理する後継者がいなくなることを考えて終活の一部として行う人が多いです。なかには、遠方にあるお墓参りがきつくなって、近場にお墓をつくるために墓じまいをする人もいます。墓じまいをしようと思ったならば、まず墓地の管理者や親戚と連絡し、そのうえで墓じまいを専門に行う業者や葬儀社、墓石を販売する業者などに依頼する流れとなります。墓じまいにはさまざまな行政の手続きが必要となるので、自分が元気なうちに行うことが勧められます。