気になるのはお金の話!費用の相場は?

墓じまいとは…?近年多くなってきている墓じまい

墓じまいとは、お墓を解体し撤去することです。お墓の管理が難しい場合や、継承者がいない場合などに行われることが多いです。墓じまいの方法は、まずお墓の中身を把握します。誰の遺骨がいくつあるのか、火葬済みかなどを確認し、骨壺に名前が書いていない場合は書きます。その後、墓じまいした後の遺骨の行き先を決めます。祭祀継承者同士で話をまとめ、お寺や霊園などの現在の墓地管理者に墓じまいすることを伝えます。改葬許可申請を行い、墓を撤去する専門業者を決めます。墓地が更地になったら、墓じまいは終了です。お墓を作るよりも墓じまいはとても手間がかかり、時間のかかる作業となります。親戚などと揉めることがないよう、しっかりと話をまとめてから行うようにしましょう。

どのくらいかかるの…?墓じまいにかかる金額

墓じまいは寺院の檀家をやめることになるので、離檀料がかかります。一般的な相場は10万円~20万円です。1回の法要のときのお布施の額、と考えていいでしょう。次に墓石の撤去作業にかかる費用です。はっきりとした相場はなく、その石材店によって変わってきます。料金はもちろんですが、信頼できる石材店を選ぶようにしましょう。お墓の魂を抜く「抜魂式」も必ず行います。その際にも寺院に納める、お布施が必要になります。相場は2万円~5万円程度です。他に、墓じまいの代行業者を頼むお金も必要になります。サポートの内容などを確認して、納得のいく業者を選びましょう。
墓じまいについて紹介しましたが、料金は場所やお寺によっても変わるため相場をはっきり伝えるのは難しいです。でも墓じまいは将来の子孫の負担を減らすことなど、メリットもたくさんあります。墓じまいをする際には親族でしっかりと話し合い、円満な墓じまいをしましょう。