知っておくとスムーズに!墓じまいの流れ

そもそも墓じまいって何?

近年、継承者や縁故者がいなくなった無縁墓が増えてきています。少子高齢化の進展や人口の都心部への集中で、墓参りに行けないなどの原因があります。寺院など墓の管理者は毎年、管理費を集めていますが、一年間申し立てが無いと墓地を処分することになります。墓じまいとは、墓地管理者に連絡し、墓地の処分や改葬を行うことです。管理が困難になったり、金銭的負担が大きいことが主な理由で、無縁墓になるのを防ぐために行われます。供養方法は、散骨、自然葬、自宅供養などさまざまです。墓じまいには墓地埋葬法で定められた手続きが必要で、次のような流れで行います。まず、墓地管理者に連絡し、了承を得ます。遺骨の回収などを済ませ、墓石を撤去、墓地を更地にします。役所で改葬許可証を発行してもらい供養をすると墓じまいは終了です。

墓じまいの際に注意すること

墓じまいは解体・撤去後の維持管理の手間や費用がかからないというメリットがありますが、行う際に気をつけるべきことがいくつかあります。まず、前もって親族とよく相談することです。お墓は先祖から伝わる家族の象徴でもあります。お墓を継いだのが自分でも勝手な行動は非難されます。その後の関係性に影響するので、慎重に行動しましょう。また、寺院にも予め連絡しましょう。墓じまいの際、墓を管理している寺院に対して離檀料を支払うのですが、いくら払うべきかというラインが決まっていません。突然、墓じまいを申し立てると、寺院側の印象が悪く、多額の離檀料を請求される場合があります。墓じまいを検討している段階で相談しましょう。その他、石材店とのトラブルの可能性もあります。高額な墓石撤去費用を請求される場合があるので、問題が解決しない場合は行政書士や専門業者に相談しましょう。