そもそも「墓じまい」ってなに?

理由は自分の高齢化と世代による価値観の違い!?

墓じまいと一言で言っても、その理由は千差万別、様々な事情があるようです。
故郷に昔からある先祖代々の墓にしろ、自分か入るために新たに買った墓にしろ、若い時は墓守りするのはなんでもなかった事が、老いてゆくにつれ、体が思うように動かなくなり、参る事すらできなくなってきます。車の運転すらままならない状態になり、とっくに独立している子供に頼るにも限度があり、かといって子供に管理を継承するには負担がかかります。
その上、時代と共に供養のカタチそのものが変化し、お墓に対する価値観が子の世代には大きく違ってきているのです。
比較的都心近くにある納骨堂に収めたり、あるいは散骨など、お墓に納骨するという選択肢以外に簡単で安価な方法を選ぶ人が増えているのです。
高齢の方々の世代にとって、参りたくても行けないという状態が続くことは、精神的・心理的に大きな負担にもなり、墓じまいという結論になるようす。

墓は自分のためというよりは、遺された家族ためのもの。

それでは墓じまいをするにあたり、どのような手続きがあり費用はどれぐらいのものでしょうか?
例えば、お墓を便利な場所に改葬する場合は、旧墓地で「埋葬証明」を発行してもらい、新墓地には「受入証明」を発行してもらいます。この時の費用は多くても数千円ほどです。
次に旧墓地の「魂抜き」の法要のお布施に2万~5万円ほどかかり、菩提寺にも、そのお付き合いの度合いやお寺の格にもよりますが「離檀料」として3万~15万ほど包むのが相場のようです。
さらに、お墓は更地にして返さなければならず、その費用は1平方メートルあたり約10万円、新墓地への納骨代は、様々なカタチがあるため5万円~100万円の大きなふり幅の費用となります。

墓じまいにはシッカリとした計画性が必要で、何よりも今後の事を考えるのであれば、自分がどうしてほしいかと言うより、遺された家族が気軽に参り簡単に管理できるように配慮するのが一番ではないでしょうか。