これだけはお忘れなく!墓じまいの際の注意点

近年増えている墓じまいとは?

これまでお墓といえば、先祖供養のため代々引き継がれ、存続していくものと思われていました。しかし、近年の少子高齢化や非婚化などに伴い、墓守の後継者やお参りをする人がいなくなったり、高齢の親が故郷を離れたりする場合も増えてきています。
このため放置するわけにいかないお墓を撤去して、永代供養の合同葬に移したり、散骨するなど新たな方法がとられるようになりました。こうして従来のお墓を処分して、遺骨を他に移すことを「墓じまい」といいます。
墓じまいをする場合は、まず、事前に身内などの意向を確かめ相談しておくことが大事です。そして、実際に墓じまいをする際には、墓地埋葬法で定められたいくつかの手続きが必要となってきます。

墓じまいの方法と選び方

墓じまいをする際は、今ある墓の市区町村役場に「改葬許可申請」をしなければなりません。役場で改葬許可申請書をもらい、今の墓の管理者に記入・押印してもらいます。更に移転先からの受け入れ証明書と共に、役場に提出して「改葬許可証」をもらいます。
そして、今ある墓から遺骨を取り出すために、閉眼供養(魂抜き)をしてもらいます。それから遺骨を取り出し、墓を撤去します。その後、改葬許可証と共に移転先のお墓に改葬するか、もしくは散骨など新たな方法を選ぶことになります。公営墓地での改葬合祀、散骨、菩提寺で永代供養、納骨堂や手元供養などです。
墓じまいは、複雑で費用もかかるため、事前にお寺や霊園などに見積もりをもらいよく話し合いましょう。また「墓じまい」の代行業者もありますので、利用するのも一考です。いずれもきちんと相談して費用など確かめておくことが、スムーズな「墓じまい」をするためには大切です。